英語で稼ぐ読書のすすめ

本の山

英語でお金を稼ぎたい。

そこで大切になるのがマインドセット。すなわち、自力で稼ぐための考え方を身につけること。それはとても大切なことです。

なぜなら、英会話教室を開いてお金を稼ぐにしろ、ネットで生徒を集めて個人レッスンで稼ぐにしろ、ココナラやランサーズで英語の仕事をゲットして稼ぐにしろ、「考え方」が間違っていれば、良い結果を得ることができないからです。

自分自身でお金を稼ぐ一歩を踏み出す。そのために、具体的にどんなマインドセットを持てばいいのか?その参考となるのが読書です。

すなわち、読書をして、自力で稼ぐための考え方を身につけること。それは、英語のスキルを持つことと同等。いや、もしかしたらそれ以上に大切なことかもしれません。

なぜ考え方なのか?

個人的な話で恐縮ですが、私はもともと、商売とは無縁の、公立校の英語教師を目指していました。

そこで実際の現場を経験して自分には向いていないことを実感し、「自分でお金を稼いで生きていく」という、別の道を選択することにしました。

そこで本当に助けられたの読書です。

いかに自力でお金を稼いで生きていくのか。「どう考えれば」人生がうまくいくのか。具体的な知識よりもマインドセットを身につけられたこと。

それが読書で実感できた一番の効能でした。

結局、お金を稼ぐためには、お金を稼ぐための考え方をする必要があります。それが英語であれなんであれ、根本は同じです。

逆に言うと、その根本の考え方が間違っている場合、いくらスキルや経験があるとも、お金を稼ぐことはできません。

だからこそまず最初に考え方。英語というスキルや経験を生かしてお金を稼いでいく。そのために、どんな考え方を身につける必要があるのか?

このサイトでは、推薦図書という形で、稼ぐためのマインドセットをお伝えしたいと考えています。

お金と正しく向き合うために

マインドセットという言葉はもしかしたらうさんくさく感じるかもしれませんが、それは「稼ぐための正しい考え方」とイメージすれば分かりやすいと思います。

あなたは「英語で」お金を稼ぎたいと思っています。それなのに、稼ぐことについて、悪い考え方を持っていたらどうでしょう?例えば儲けてはいけない。生徒に教材を売ってはいけない。

そういった、「稼げない考え方」をしていたら、あなたの素晴らしいスキルや経験を提供するチャンスを失うだけでなく、あなたを経由して英語を学ぶクライアントの不利益になります。

なぜならお金を稼ぐためには、あなた自身がお金を使って、お金を仕事のために回していく必要があるからです。

英会話教室を開くにも場所代が必要です。素晴らしい英語習得メソッドを伝えるためにも、ノウハウを知ってもらうための宣伝費がかかります。

このように、お金を稼ぐためにはお金を稼ぐための考え方が大切で、適切な考え方を身につけることができれば、あとは方法論の問題です。

方法論を身につけることはそれほど難しいことではないので、あとは個人の努力次第です。

しかし稼ぐための考え方を身につけること。そこで挫折してしまう。というか考え方を変えられない結果、本来の力を発揮できず、思うように稼げない人が多いように感じます。

最後に

ということで説明が長くなってしまい恐縮ですが、結局どんな話なのか?

あなたが「英語で稼ぎたい!」と考えているなら、お金を稼ぐために適切なマインドセットを身につけることをおすすめします、という話です。

では具体的にどんな方法なのか?それが読書です。

こちらでご紹介する本は、直接英語で稼ぐことと関係している話ではないかもしれませんが、あなたが自力でお金を稼ぐチャンスを手に入れるために、読む価値がある本だと確信しています。

俗に言う「意識が高い!」「うさんくさいんじゃない?」とディスられがちな本もありますが、実際私自身が読んで内容を実践した結果、非常におすすめしたい本だけを厳選してご紹介します。

もちろん、「私はこんな本を読んでいます!」と誰かに公言する必要は一切ありません。

もしあなたが英語を使ってお金を稼ぎたいと思っているなら、そのマインドセットを身につける参考になります。

「ピン!」と来た本があれば、ぜひあなた自身で本を入手し、1度だけでなく何度も読み、内容を実践できるレベルにすることをおすすめします。

すると、読書で人生が変わること。現実を変えられることを、あなた自身が体験できることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました