英語で稼ぐなら「◯◯さんにお願いします」を目指す3つの理由

イケてるマン

「英語は好き。自分のスキルを生かしてお金を稼ぎたい。誰かの役に立ちたい!」

そんなあなたが今後、長期的に英語でお金を稼ぐために大切なこと。それが、「○○さんにお願いしたい!」と思われるようなキャラを確立していくことです。

このページでは、今まさに現在進行形で訪れている時代の変化を認識しつつ、ウェブ集客に成功するために大切な考え方を提示しています。

まだ実際に集客活動を行っていない方には分かりにくい話かもしれませんが、「そうなんですね」程度でもOK。頭の片隅にでも入れておくと、いつかどこかで役に立つかもしれません。

はじめに

それで一体何の話なのか?

結論から言うと、英語でお金を稼げるようになりたいなら、「あなた自身を英語の専門家としてPR。○○さんにお願いしたいと思われる人になってください」という話です。

例えば、あなたが英語を教えてお金を稼ぎたいなら。「私は○○先生(あなたの名前)に教えて欲しい!」と思われるファンを作ること。

あなたが英語翻訳で稼ぎたいなら。「○○さんは仕事が速いからお願いしたい」というように、あなたのスキルが先方に認識される評判を作ること。

ようは、指名される人(=選ばれる人)を目指すのです。ここに、企業ではなく、個人として生き残り、お金を稼ぐ道があります。

大きな理由は環境の変化

なぜこんなことを言っているのか?

理由はシンプルです。個人としての権威性や専門性がなければ。つまり誰から仕事をお願いされる人にならなければ。

今後身元を明かさずにウェブで集客するのはとても厳しい状況になりつつあるからです。

あなたがブログ等を作り、多少なりともウェブ集客の実際を経験したなら耳にしているかもしれませんが、現在ウェブ集客の要となっているグーグルが、頻繁に検索順位を変えています。

それでどんなサイトが評価されているのかというと、いわゆるEAT。ようは権威ある、信頼できる、専門性を持ったサイトが評価されている傾向にあります。

これが何を意味するか?

あなたがいくら渾身の素晴らしい記事を書いたところで、あなたが何者なのかを評価されていない場合。その素晴らしい記事がひと目に触れることはなく、ネットの片隅で埋もれてしまう可能性があります。

ウェブ集客は「信頼」が大前提

近年、グーグルの「顔出し推奨」を受け、多くサイトが運営者情報や、個人のプロフィール等を公開するようになってきました。

実際私もその流れを受けて、本名と経歴を公開し、サイトを運営しています。その詳細は割愛しますが、「名前と経歴を出して良かった」という結果を実感しています。

そのことから明らかに分かるのは、やはりグーグルは今後、どこの馬の骨が書いたのか分からないような信頼できないサイトを上位表示することはない、ということです。

しかし思ってみれば、今や検索エンジンの上位枠はいわば信頼の証。

グーグルから見れば、どこの誰が、どのような経緯で運用しているサイトなのか。安心できるサイトを提示したいのは、当然の話だと思います。

本当のメリットはここ!

話が脱線してしまいましたが、ここで大切なのは、権威や専門性を適切にアピールできない限り、あなたが英語で稼ぎたいと思っても、ウェブから集客することは非常に苦戦する可能性が高い、という話です。

なので、あなたが今後、ウェブサイト等で集客をする場合。

まずあなたが何者なのかを徹底的に公開した上で、あなたが持っている英語のスキルにはどのような価値があるのか。誰に対して、どのような価値を提供できるのか。そもそも、何のためにウェブサイトを公開したのか。

そういった信頼性につながる情報を、徹底的に開示していく必要がある、ということです。

それによってグーグルから不適切に評価されるリスクを抑えるのはもちろん、もう1つ、絶対的なメリットがあります。それが、あなたのファンを作れる、というメリットです。

あなたのファンを作る

あなたが英語を身につけていく上で、一体どのような経緯で身につけたのか?何に悩み、どうやって壁を乗り越えていったか?

そういったストーリーを公開することによって、あなたに親近感を感じる人が出てきます。

すると、あなたの存在そのものを認識するようになり、「この人に英語を教えてもらいたい」という気持ちが芽生えます。

そして、実際にサービスを提供して満足してもらい、実績を作っていくことにより、口コミが広がります。結果、あなたの英語サービスが自然に認知されるようになっていきます。

この意味で、「英語で稼ぐ!」を今後具体的に実践していきたい方におすすめしたいのは、英語であなたの専門性や権威性が持てる分野を明確にした上で、それを周知させていく行動を起こすことです。

専門性を見つけるには?

専門性といっても、難しく考える必要はありません。例えば英会話のオンライン講師でも、いろんなポジショニングができます。

あなたが会社員として働き、かつTOEIC900点以上や英検1級以上持ち、英語指導の実際的な経験があるならば。

「40代以上外資系エグゼクティブ限定の超実践向け英語パーソナルトレーナー」など、「特定の人たちをメインの顧客」として差別化していくことができます。

それによって、あなたの専門性が確立されていきます。

ただし一流の人を顧客にする場合、あなた自身のセルフイメージを高めていくことも同時に、必要となってきます。

考え方としては、「あなたが持つ英語のスキルが一体誰に対して最も価値を提供できるのか?」を考えてポジショニングを選ぶ、という話です。

そうすれば、あなたのサービスを本当に必要としているたちとつながる手段が見えてきます。そのニーズをあなたは満たすことができます。

だからこそ、あなたは信頼され、指名される人になることができるのです。

最後に

私は指名の美容師と、指名の歯医者を持っています。

それぞれ正直、通うのは不便です。住んでいる場所に近くに、美容院や歯医者はあります。だけど、ずっと、同じところに通っています。

なぜか。「この人にお願いしたい」という美容師。そして歯医者の先生がいるからです。

私のような信者がいるビジネスは強いです。そして今後は、指名されなければ生き残ることができない、厳しい時代がやって来ます。

だからこそ繰り返しになりますが、大切なのは指名されること。

あなたがどのような形で「英語で稼ぐ!」を目指しているのかはわかりません。しかしただ一つ言えるのは、あなたが提供する英語のサービスを誰が一番喜んでくれるのか。その価値を実感してくれるのか。

集客にあたって考えたいのは、まずそこです。

あなたが価値を提供することによって、あなたのお客は、英語の悩みを解決し、人生をよりよくすることができます。

この意味で、「英語で稼ぐ!」本質については、時間をかけて、考えてみることをおすすめします。それが結局は、あなたが最も集客で成功する、道を教えてくれるのですから。

あわせて読みたい

【超重要】幸せに「英語で稼ぐ!」を実現したいならお客を選ぶ話

「副業で英語を教えたい!」という方向け!対象生徒の区分&特徴まとめ

英語を教えて稼ぎたい人がウェブサイトで生徒を集める具体的なイメージ

タイトルとURLをコピーしました