ウェブサイトで集客するために大切なキーワードの話【初めての方向け】

グーグルサーチ

「英語で稼ぐ!」を実現するためにウェブサイトを公開。そこで具体的な集客を進めていくわけですが、具体的にどのような方法でお客を集めるのか?

このページでは、そのための方法をご紹介します。それはズバリ「検索キーワード」に着目した集客法です。

あなたのサービスを必要としている人が、

1・一体どんな欲求を持って

2・どのようなキーワードで検索をしているか

を考え抜き、必要なコンテンツを容易する。これがウェブ集客の重要なポイントになります。

この本質を理解できている人は、新規申し込みを獲得するために1日1000人など、大量のアクセスをウェブサイトに集める必要はありません。

1日10~20アクセス。月間で300~600アクセス程度のウェブサイトでも。10アクセスのうち1件の成約を目指すことは、決して非現実的な話ではありません。

そのため、ウェブサイトでの集客においては、どのようなキーワードで集客するか?勉強していくことが大切です。

検索キーワードを選定する意味

ではどのようなキーワードでコンテンツを作成すれば申し込みが発生するのか?

それを知るためにはまず、成約につながるキーワードとそうでないキーワードがあることを理解する必要があります。

例えば、あなたがダイエットしたいとき。

「ダイエット 方法」「ダイエット 器具」「ダイエット ジム」など、あなたが知りたいと思うことを検索キーワードに打ち込むと思います。

そこで考えて欲しいのですが、問あなたが本気でない場合は、お金を払わずともダイエットできる方法を見つけるキーワードを検索するはずです。

そして、あなたがお金を払ってもいいからなんとしてもダイエットに成功したい場合。「ダイエット 6kg ジム 器具」など、グーグルにより具体的なキーワードを入力するでしょう。

「なんとなくレベル」でダイエットをしたい人に必要な情報を提供するのはウェブメディアの役割です。そのためのコンテンツも用意した方がいいでしょう。

しかし商売として考える場合、「お金を払ってでも」ダイエットしたいと考える人を集める必要があります。

ではどうするか?お金を払ってでもダイエットしたい人がどんなキーワードでグーグル検索を使っているかを考え、コンテンツを用意する必要があります。

アクセスの質はキーワードで変わる!

このように、ウェブサイトから申し込みが発生するかしないか。それはアクセスの質によって決まります。アクセスの質はキーワードによって決まります。

つまり、検索する人の欲求の段階(興味本位~本当にその商品が必要なレベル)に応じてアクセスの質が変わるのです。

このことから、効果的にウェブ集客を実践していくためには、コンテンツを作る段階で「どんな人にウェブサイトにアクセスして欲しいのか?」を考えて検索キーワードを設定し、コンテンツを作る必要があります。

例えば、あなたが中学英語につまづいている30代~40代の英語をやり直したいビジネスパーソンを相手に、英語の個人レッスンをオンラインで提供したいと考えています。

この場合、「彼らがどんな検索キーワードを入力しているのだろう?」と徹底的に想像し、彼らが知りたがっているアンサーをウェブコンテンツとして提供していく必要があります。

これによって、あなたのサービスに申し込む可能性が高い「濃い」アクセスを集めることができます。

ウェブサイトは面白いもので、何も考えずにサイトを更新していくことで、アクセスを伸ばすことはできます。ただしアクセスと売上は比例しません。

「1日100アクセス超えても申し込みはゼロ」という状況に陥る可能性があります。「サイトにアクセスしてくる層」の問題があれば、いくらアクセスがあっても、効果は薄いからです。

まずはこのステップから

あなたが「英語で稼ぐ!」を実現するためにウェブサイトを公開。実際、成約につなげていくための試みを継続する上で、「キーワード選び」という視点はとても重要です。

サイトのコンテンツとして、今すぐ売上にはつながらないが、潜在的な見込み客を集めるためのキーワードを一定数用意しアクセスを獲得することに加え、比較的成約につながりやすいキーワードを狙っていく。

この二面作戦が基本的な戦略になります。

1・「このキーワードでこのような人にアクセスしてもらおう」と考える

2・記事を公開する

3・実際どうなったかをチェックする

4・問題点を修正していく

この繰り返しで、集客の精度が高まっていきます。

まとめるとこういう話です

以上、長くなってしまいましたが、このページのポイントはシンプルです。

・ウェブサイトを作って集客するためには「どんな検索キーワードからのアクセスを狙うか?」を考えることが重要です。

・具体的にはあなたのサービスに興味を持っている人、興味を持つ可能性がある人が検索しているキーワードでコンテンツを用意する必要があります。

・アクセス数は成約率と比例しません。数ではなく質に注目しましょう。

という話です。

まだ、ウェブサイトをお持ちでない方には「ピン!」と来ない話かもしれませんが、キーワード選びはウェブサイトで集客するための超重要なポイントです。

サイトを作って公開する→そこに適切なコンテンツを用意して適切な訪問者を呼びこむ(キーワード)→申し込みが発生する

このステップがうまくいけば、ウェブサイトのアクセス数を気にする必要は一切ありません。

サービスの価格にもよりますが、適切なコンテンツを用意し、キーワード選定が正しい場合、10アクセスに1つ成約させることは実際に可能です。

ウェブサイトで集客するならあなたのサービスを申し込む人がどんな欲求を持って、どんなキーワードを検索しているか?それを考えて、コンテンツを用意しましょう。

これがグーグルを活用したウェブ集客の基本になります。参考にしてみてください。

あわせて読みたい

ウェブサイトは「シンプル・イズ・ベスト」という話

【英語で食べていく】ウェブ集客で失敗しないサイト名の付け方

英語で稼ぐなら「◯◯さんにお願いします」を目指す3つの理由

タイトルとURLをコピーしました