英会話の個人レッスンをする場所とメリット&デメリット

どうすればいい?

「個人相手に英会話を教えてお金を稼ぎたい!」という方向けのページです。

あなたが「誰」を対象に英会話を教えるかによって、カリキュラムやレッスン料は変わってきますが、まず具体的に「どこで」レッスンを提供するのか?それを考える必要があります。

そこでこのページでは、英会話の個人レッスンで稼ぐためにどこで教えるか?それにはどんなメリットデメリットがあるのか?ポイントを分かりやすくお伝えします。

個人に英会話を教えてお金を稼ぎたい方は、まずここからビジネスを考えていきましょう。

場所はこの3つ

個人相手に英会話を教えてお金を稼ぐ。そこで必要なのが「レッスンの場所」です。

英会話のレッスンは個人相手の仕事なので、当然、英語を教える場所や手段が必要になります。

では具体的にどんな方法があるか?個人に英会話を教える場所として着目したいのが次の3つです。

1・カフェで教える

2・レンタルスペースで教える

3・オンラインで教える

それぞれ、メリットデメリットがあります。あなたにとってどの場所が一番適切なのか?まずはそこから考えてみましょう。

カフェで教える

サイトに「○○カフェでレッスンします。1レッスンいくらです」とする、ある意味最も手軽な方法です。

「カフェ英会話」は近年一つジャンルとして確立されているので、申し込む方もあまり抵抗がありません。

英会話を教える方としては、カフェでレッスンをするので人の目がある分、安価かつ安全にレッスンを提供できるのがメリットです。

ただし道理の話になりますが、カフェオーナーに許可を得ずに長時間コーヒー一杯でカフェで英会話レッスンをするというのは、あまり良いことではありません。

カフェオーナーの立場になって考えてみて下さい。「自分さえ良ければいい」というスタンスでカフェ英会話に取り組むのはNGです。

カフェでお客を取り英会話を教えるなら、まずオーナーに相談して許可を取ること。そして、あなただけでなくカフェ側になんらかのメリットが提供できるよう、相手のことを考えて交渉することをおすすめします。

メリット

・カフェというひと目につく場所で気軽で安価、かつ安全に英会話レッスンができる。

デメリット

・要カフェオーナーの許可。「お客だから何をしてもいいでしょう!」というスタンスでカフェ英会話をするのはおすすめしません。

・英会話レッスンをすることが周りの迷惑になる。

→カフェ英会話を考えているなら、ぜひ「カフェ英会話 迷惑」というキーワードでの検索をおすすめします。

レンタルスペースで教える

1時間いくらの料金でレンタルスペースを借りて英会話をする方法です。

お金を払って場所を借りるので、費用はかかります。その分、個室でしっかりと英会話レッスンができます。生徒の性格によっては、こちらの方が落ち着いてレッスンができます。

立地や時期にもよりますが、1時間200円~1,000円程度で借りられるレンタルスペースがたくさんあります。適切な価格でレッスンを提供したい方は、十分もとが取れるでしょう。

落ち着いた場所で英会話レッスンを提供したい場合は、レンタルスペースが無難です。場所は地域名+レンタルスペースで探すことができます。

メリット

・個室なので落ち着いて英会話レッスンを提供できる。

・立地の良い施設が多いので、生徒にも利便性が良い。

デメリット

・レンタルスペースを押さえる必要がある。

・レッスンの場所代にお金がかかる。

オンラインで教える

スカイプやZoomを使って、オンラインでレッスンを提供します。

日中仕事をしており、夜7時8時以降、自宅で英語を教えてお金を稼ぎたい方は、オンラインでのレッスンが現実的かもしれません。

オンラインで英会話を教えるメリットは1にも2にも、生徒の獲得力です。

ネットを通じて英会話を教えるので、ネットさえつながる環境であれば、あなたがどこに住んでいても、日本、いや、世界のどこの人でもレッスンを提供することができます。

海外転勤中の人が英語に困ってレッスンを申し込む、というケースがあります。

この点、生徒を獲得できるチャンスはオンラインがNo.1と言えるでしょう。

また、オンラインでのレッスンはカフェ英会話のようにレッスンの許可をオーナーに取る必要もなければ、レンタルスペースのようにお金を払って場所を借りる必要もありません。

何より、普段忙しい生徒の場合は、レッスンを受けにわざわざどこかへ足を運ぶ必要がないので、オンラインでのレッスンを歓迎する人もいます。

ただし、オンラインは生徒と直接合わずにレッスンをするので、環境によっては、生徒の変化を感じながらレッスンをしていくことが難しい場合があります。

また、回線の相性などの問題もあるので、事前のテストをしておいた方がいいかもしれません。

メリット

・ネットを通じて英会話レッスンを提供できる。生徒は日本だけでなく世界のどこかに住んでいる人も対象になる。

・ネットで英会話レッスンをするので場所代が不要。

デメリット

・スカイプやZoomなどオンラインレッスンをするためのツールの使い方を熟知する必要あり。

・回線の相性の問題で、生徒の様子を見ながら丁寧なレッスンができない場合がある。

最後に

以上、英会話の個人レッスンでお金を稼ぎたい方向け、どこでレッスンを提供するのか?3つの場所についてご紹介しました。

カフェ英会話及びレンタルスペースでのレッスンは、生徒と直接顔をあわせます。だからこそ、生徒の反応を間近で確認しつつ、英会話を教えることができます。

また、直接顔をあわせるからこそ、信頼関係を築いていくことも可能です。そして、「地域名」での集客ができます。切り口によっては、個人の英会話講師としてブランディング作りを有利に展開することが可能です。

一方、オンラインでレッスンを提供する場合は、「場所」にとらわれないのが何よりの強み。あなたが普段忙しくても、夜の時間を使ってレッスンを提供するなど、細切れの時間を有効活用しやすいのが特徴です。

また、オンラインは全国どこでも、英会話レッスンに興味があるすべて人が対象生徒になります。その分集客のパイは大きくなります。

ただし競争は激しくなるので、差別化がカギになります。

それぞれ良い面悪い面があります。

あなたはどのような場所で英会話レッスンを提供するのが一番自然にできるのか?まずはそこから、具体的に検討してみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

「英語で稼ぐ!」を実現したい方のための有料電話コーチング

ネットで生徒を集める本当のメリット&注意点【最低限押さえたい】

これなら分かる!英語で稼ぐためのto doリスト

タイトルとURLをコピーしました