【女性講師向け】安全に英語の個人レッスンを提供するために考えておきたいこと

考える女性

このページでは、「英語の個人レッスンをしてお金を稼ぎたい」という女性講師の方向けに、可能性として実際に起こりうる、現実的な話についてご紹介します。

気持ちの良い話ではないかもしれませんが、「こういうことが起こりうる」ということを最初から知っておくことで、問題が起こらないための、安全安心な工夫をすることができます。

英語を教えてお金を稼ぎたい女性講師の方は、生徒集客の際のヒントとして、参考にしてみてください。

話はこういうこと

それで一体何の話なのかというと、あなたが対象生徒を絞らない場合に起こりうる問題についてです。具体的には「男性生徒とのトラブル」です。

英語の個人レッスンはヒューマンサービスです。それはすなわち、お金を介在した人間関係です。

あなたは英語を教えたいと思って生徒を集めたとしても、現実的な問題として、あなたの個人レッスンに申し込んでくる人が、必ずしも「英語を教えて欲しい」という動機で申し込んでくるとは限りません。

例えばよく知られているケースでは、仕事を退職した60代以上の男性が、「話し相手が欲しい」と英語のレッスンを申し込んでくるケース。

英語を話すというより、誰かとつながりたい人が、そのきっかけとして英語のレッスンを申し込んでくるのです。

問題はこのようなケース

「話し相手が欲しい」というニーズを持って英語を始める人は適切な対応をすることで良いお客さんになってくれることが多いですが、注意したいのは異性関係など「下心」を持つ男性です。

もっとストレートに書くなら、英語講師としてのあなたではなく、女性としてのあなたに関心を持ち、英語のレッスンを希望してくる男性が登場する可能性がある、という話です。

出会いを求めて英会話に手を伸ばすのは男性女性関係なくある話です。個人的に知っている話としては昔、英会話講師として働くオーストラリア人からこんな話を聞いたことがあります。

その男性講師が言うには、女性のなかには英語習得が目的ではなく「白人のネイティブ講師とお近づきになりたい」という希望を持つ女性が少なくないそう。

彼が通っていたとあるネイティブ御用達のスポーツバーには、そういう女性が足を運び積極的にアタックしてくるそうで、彼もいろいろアプローチを受けて困惑したと言っていました。

起こりうるトラブルをどう防ぐか?

それで何が言いたいのかというのかというと、あなたが顔写真を公開し、英語講師として生徒を集客する場合、あなたのレッスンに申し込んでくる人が必ずしも英語を目的にしているとは限らない、という話です。

あなたがそのような「出会い目的」の生徒とのトラブルを避けたい場合は、集客の段階から、適切な対策を考えておく必要があります。

あなたが対面ではなくオンラインでレッスンをするなら、適切な距離のとり方もありますが、対応を間違えればストーカー化するなど、問題の対応が難しくなる可能性も否定できません。

何よりあなたが英語を教えることに労力を注ぎたいのに、そうでない問題によってストレスを感じさせられるのは、あなたにとって不本意な話でしょう。

手軽なのは生徒を女性限定に絞ること

ではどうすればいいか?

対策はいろいろありますが、真っ先に考えられるのは英語を教える生徒を「女性だけ」に絞ることです。

集客の窓口は狭まりますが、対象生徒を「女性限定」にすることで、あなた自身が安心して英語をお知られる+その後ビジネスのコミュニティを作っていく上でも「属性」をコントロールしやすいなど、メリットがあります。

ただし、あなたが英語のパーソナルトレーニングなど、対象生徒をある程度高いレベルで絞っている場合、窓口が極端に狭まってしまうリスクはあります。

月額10万20万円の高額なトレーニングのような高額費用を投資するのは、40代以上の男性、それも会社でそれ相応の地位を得ている男性が多いからです。

その点、あなたがどのような生徒を対象として検討しているか?バランスを取る必要があります。

この場合、集客の段階で、「英語を本気で習いたい」というニーズを持った人を集客することで、出会い目的の男性からの申し込みが発生しない工夫をすることはできます。

まとめ

最後にまとめです。

あまり、こういうリアルな話をするのは良いことではないかもしれませんが、「現実的に起こりうる」ということを知っているか知っていないか。それは大切な情報だと考えています。

英語だけでなく、どんな習い事でもそうですが、人と関わる仕事はヒューマンサービスです。すなわち、そこにはお金を介在とした人間関係が発生します。

つまり、あなたが「英語を教えるだけ」と考えてサービスを始めたとしても、相手は必ずしもそう考えていない可能性がある、ということです。

この点、誰をどのような方法を集客するか?あなたが英語を教えてお金を稼ぎたいなら、最初の段階から人間関係の問題が起こる可能性があることを前提に、サービス提供の仕組みを作っていくことが大切です。

逆に言えば、仕組みづくりが上手くいけば、一度生徒になってくれた人と、継続的に関係を築くことで、安定した収入を獲得することもできます。

「ピン!」と来た方はそれで正解ですので、この話はここで終了します。参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

「副業で英語を教えたい!」という方向け!対象生徒の区分&特徴まとめ

英会話の個人レッスンをする場所とメリット&デメリット

自宅で英会話教室を開くリスク&起こる可能性があるトラブル

タイトルとURLをコピーしました