今後オンラインの英語教育ニーズは高まっていく。ただし個人で稼ぐ場合は

オンラインレッスンを受ける若者

世界は大きな変化が起こっています。経済が縮小し、英会話ビジネスを含むあらゆるビジネスが大きな影響を受けています。

一方で、注目したいのがオンラインの教育ビジネスです。

世の中の状況から、今後は対面での商業活動は自粛縮小され、オンラインを中心とした活動が主流になってきます。

教育も例外ではありません。子どもや大人問わず、「自宅で適切な学習の機会を確保したい」というニーズも高まっています。

この点、「オンラインで適切な教育サービスを提供できる方には大きなチャンスがやって来ている」と言うことができます。

はじめに

当サイトは「英語」のスキルを生かしてお金を稼ぎたい方のためのサイトです。

そのため、個人で英語を教えてお金を稼ぎたい方など、具体的なto doをお考えの方にご覧いただいています。「オンライン講師」もその一つです。

個人的には、今後オンラインでの英語教育ニーズが高まっていくことを感じています。

対面でのビジネスが難しくなるという事情はもちろんですが、テレワークの促進など、時代の流れとしては多くのビジネスがオンライン化していくでしょう。教育もその流れに取り込まれています。

オンラインの良いところは、お金をかけずに個人でもビジネスを提供できる点にあります。

自分で集客の手段を持ち、適切な価値を適切な相手にPRすることによって、「自力で稼ぐ」を実現できる環境になっています。

この点オンラインで英語を教えてお金を稼ぎたい方は、真剣に集客のto doを始める価値があります。

個人の発信力は武器になる!

ここからは少しだけな具体的な話を。

あなたがオンラインの英語講師としてお金を稼ぎたいと思っている場合。今後、競争の激化は当然予測されます。

そのため、あなたが「選ばれる」存在となるためには、

・あなたがあなたのキャラクター

・あなたが大切にしているメソッドと理由

・最大限価値を提供できる相手

といったポイントを、分かりやすく明確なメッセージとして発信していくことが大切です。

あなたが◯◯大卒業でTOEIC△△△点を所持し、どこかで英語を教えてきた経験と実績があるならば。それを、

1・誰のために

2・どのような価値観を持って

3・どのような形で提供してきたか

というメッセージを、あなたの価値観をもとにあなた自身の言葉で発信していくことが大切です。

大切なのは誰に価値を提供するか?

繰り返しますが、今後オンラインでの商業活動が拡張していくにつれ、オンラインの英語教育は競争が過熱していくことになるでしょう。

つまり、「オンラインで英語を教えます、私にはこのような経験と実績があります」というだけでは選ばれる存在にはなりえない、という話です。

あなたの英語指導力が、誰に提供されることによって、最も価値が生じるのか?あなたから英語を学んだ人は、その経験が人生でどのような形で役に立つのか?

真剣に「あなたの領域」を見定めて、そこに属する人々に対して、適切なメッセージを発信していくことが必要になってきます。

それを差別化という言葉で説明することはシンプルかもしれませんが、個人が個人としてビジネスを提供し、選ばれる存在にならんとする場合。あなた自身のポジショニング選定が、ビジネスの明暗を分けるでしょう。

最後に

今後、外出自粛やソーシャルディスタンスが意識される世の中において、「オンライン」化は不可逆の流れになっています。

それはオンライン講師など、既に取り組みを始めている方にとってチャンスと言えますが、一つ言えるのは「競争が激化していく」ということです。

それはあなた自身がライバルと被らないあなた独自のポジショニングを確立することによって、あなた専門の生徒を獲得し、お金を稼ぐ取り組みが必要であることを意味しています。

競争が激化すれば、英語を教えていく価値自体がコモディティ化し、ライバルとの差別化ができない人は、その報酬が下落していくことになるでしょう。

この意味で、今後オンリー1の個人としての存在感を発揮できるかどうか?「英語で稼ぐ!」を実現したい方は真剣に、ご自身のポジショニングを検討することをおすすめいたします。

あわせて読みたい

「在宅のオンライン英会話講師として稼ぎたい!」と思ったら読むページ

自分で英語レッスンを提供すればオンライン講師をするより稼げますか?

「副業で英語を教えたい!」という方向け!対象生徒の区分&特徴まとめ

タイトルとURLをコピーしました