ウェブサイトのプロフィールに記載する必要最低限の情報と注意点

これが私です

「英語で稼ぐ!」を実現するためにはまずウェブサイトを用意。

あなたが一体どんな人物で、どのような経歴を持ち、どんな目的を持って英語のサービスを提供しているのか?それを、訪問者に分かりやすく伝える必要があります。

そこで必須になのが「プロフィール」のページです。

あなたの写真(もしくは似顔絵のイラスト)を公開しあなたという人物像を分かりやすく伝えることに加えて、

・学歴

・英語力の証明となるもの

・ミッション

等を分かりやすく伝えていくことによって、あなたの英語力を必要としている人から信頼され仕事を獲得することができます。

また現状の傾向として、今後グーグルから集客を狙う場合、身元を明かさない状態でウェブサイトを運営することは非推奨(ヒントは「権威性」「信頼性」)になっています。

そこでこのページでは、具体的にどのようなプロフィールを書けば効果的なのか?初めての方向けに必要なポイントだけを分かりやすくご紹介します。

「この通りにしなければいけない!」という話ではありませんが、こちらを参考にすることで、あなたの魅力を適切に伝えるためのヒントになるでしょう。参考にしてみてください。

最低限書くべきこと5つ

まずプロフィールに乗せる上で必須の情報がこちらです。

1・名前(本名公開)

2・出身地及び現在の居住地

3・学歴

4・【副業で取り組まれている方限定】現在の仕事と英語力の関係

5・あなたが「英語で稼ぐ!」ことを決めた理由

基本的に、プロフィールでは「あなた」という人間そのものに興味をもらう人を増やすために、書けることはどんな小さなことでも書き、情報そのものを増やしていくことが大切です。

とはいえ、初めての方がいきなり詳細なプロフィールを書くことは難しく感じるかもしれません。

なのでまずは最低限、必要なポイントだけ押さえたプロフィールページを作成。後日情報を追加掲載していく形で大丈夫です。

以下、詳しくそれぞれの項目をご説明します。

名前(本名公開)

あなたが本気で英語を収入源の一つとして考えている場合、ウェブサイトでは必ず本名でサイトを運営し、サービスを提供することをおすすめします。

その理由を説明するのは野暮なことかもしれませんが、あなたなら何か仕事を依頼するとき、本名でサービスを提供している人か、ハンドルネームで身元を明かさずサービスを提供している人か。

「どちらを選ぶのか?」というシンプルな話です。

本名で仕事をしている人なら身元が割れるでしょう。学歴や職歴にウソもつけません。でも逆に言えば、だからこそ信頼が生まれます。

そして、良い意味でも悪い意味でも、等身大のあなたを公開することで、あなたのサービスに興味を持つ人を引き寄せることができます。

それともう一つ重要なのは、現状の傾向としてグーグルで集客していく場合、サイトが「どんな経歴や実績を持った人によって運営されているのか?」という信頼性が重要になってくる、という話です。

現状、「私は自分の名前も経歴も明かしたくないですが、グーグルで集客してお金を稼ぎたいです」という人には不利な流れになっている点も、ここで指摘しておきます。

出身地及び現在の居住地

これはぜひ公開しておきたい情報です。というのは、人は自分と共通点がある人に興味を持ちます。

すなわち、あなたが出身地を公開すればその出身の人。あなたが現在の居住地を公開すればそこに住んでいる人の関心を得ることができるからです。

居住地区について公開する場合、女性の方は不安を感じるかもしれませんが、A県B市C区という程度OKなので、居住地域は公開しておきましょう。デメリットよりメリットの方が大きいです。

学歴(最終学歴)

正直な話、あなたの提供するサービスによっては学歴が高いことがプラスになることもありますし、マイナスになる場合もあります(後述)。とはいえ基本的にはどこの大学を出たのか。学歴を公開しておくのが基本になります。

いわゆる有名大学を卒業した方には、それを過度に強調しない限りにおいてはマイナスになることはありません。一定の信頼感の獲得につながります。

一方で、「私は有名大学を出ていません」という方はそれはそれで問題ありませんのでご安心を。方法によっては学歴がないことをむしろ、プラスに変えることができます。

【副業で取り組まれている方限定】現在の仕事と英語力の関係

プロフィールを書く上である意味最も力を入れたいのがこちらです。

あなたがどのような形で英語力を磨き、それをあなたが提供する英語のサービスとどのように関係しているのか?それを分かりやすく、かつ情熱を込めて記入すること。これが「個人で」英語で稼ぐ人にとって重要なポイントになります。

特にあなたが本業ではなく、会社員など副業で「英語を稼ぐ!」を実践する場合。

現在の職務でなぜ英語が必要になって英語を身につけたのか?それによってあなたが何を得たのか?それをサービス提供にどんな形で活かしているのか?

プロフィールで公開することによって、あなたと似た立場の人々の共感を得ることができます。

あなたが「英語で稼ぐ!」ことを決めた理由

最後に、あなたが今までどんな人生を送ってきて、なぜ今英語のサービスを提供しているのか?その理由について、あなた自身の言葉で、率直に伝えることをおすすめします。

端的に言って、それこそがまさにあなたが「オンリー1」となる可能性の原石であり、あなたが稼ぎ続けられる理由になります。

というのは、その理由に共感してくれる人たちとどれくらいつながることができるか。それがあなたの成功を決めるからです。

「ニーズ」だとかいろんな視点で成功の可能性を云々することはできますが、人の購買行動は決して合理的ではありません。これ以上書くと長くなるのでここまでしておきますが、個人で稼ぐためのカギは、人間関係です。

ネットからの訪問者との一期一会をいかに心理的な意味でパーソナルな関係へと近づけていくか?そこに、成功のカギが隠されています。

だからこそなぜあなたは、数あるビジネスの中から、「英語で稼ぐ!」を決めたのか?そのきっかけは何だったのか?何を大切にしてあなたはサービスを提供するのか?

すべてのきっかけである「英語で稼ぐ!」を決めた理由について、率直に公開してみてください。そしてその文章にはしっかり、あなたの情熱を込めるのです。

プロフィールを書くにあたっての注意点

ちなみに、プロフィールを書く上で一つ、注意したい点をお伝えします。

特にあなたの経歴が人から比べると輝かしい経歴をお持ちの場合。一歩間違えれば、プラスになるはずの経歴がマイナスに作用する可能性があります。

それは何なのかというと「自慢」です。つまりあなたのプロフィールに「嫌味」が出てはいけないのです。

例えば、あなたは人としてこのような人に好印象を持つことができますか?

「はじめまして、○○と申します。私はいつも成績ダントツ一番で、一流大学を優秀な成績で卒業しました。会社は年収1500万円以上の会社に就職して世界10カ国以上で活躍してきました。人脈は一流の人ばかりです。家は東京の一等地にあります。私の仕事に失敗はありません。常に完璧です」

この例は極端かもしれませんが、あなたはどう感じましたか?率直に、「自慢ですか?」とネガティブな何かを感じませんでしたか?

この例で「ピン!」と来なければ、近所のおばさんが話がちな子ども自慢について想像すれば分かりやすいでしょう。

「うちの息子(娘)は○○大学を出てね、いい会社に勤めているのよ。彼女(彼氏)も美人(イケメン)でね」と聞かされたらどう感じるか、という話です。

それで何が言いたいのか?「プロフィールで自分の良いところだけを書いていくのは人から反感を買う可能性があるので要注意ですよ」という話です。

話はこういうこと

私たちは自分を紹介するとき、「自分の良いところだけを見せたい!」という傾向があります。

自分の良いところを適切に表現し、伝えていくことは当然大切なのですが、そのさじ加減を間違えると嫌味になります。するとあなたに関心を持ってくれる人が増えるのではなく、「嫌味な人!」と逆に敵を増やす可能性があります。

ではどうするか?

自分の良いところは伝えても大丈夫ですが、自分の失敗やダメなところなど、「ネガティブな情報」もあえて、プロフィールで伝えるのです。

例えば失敗して悩んだこと。苦しんだこと。マイナスの経験をあえて公開し、「私はパーフェクトな人ではありません」と伝えるのです。

それによって、「あぁ、この人はこんなことで悩んだんだ。私と同じ!」と読者に共感を持ってもらうことができます。それがファン作りにつながっていきます。

「私はあなたと同じです」という人間味

またもう一点、自分のマイナス面を伝える現実的なメリットとしては、自分の失敗や挫折やダメなところを公開することで、あなたの存在を同業他社のライバルと差別化することができます。

というのは、ネットで様々なサイトを確認すれば分かるように、「自分の良いところ」や「ポジティブなところ」「すごい実績」だけをプロフィールに書いている人がほとんどだからです。

つまり、大半の人はサイトのプロフィールで「私はこんなにも優れています」とPRしている人が大半なのです。

この話にあなたが「ピン!」と来たら、グーグルであなたのライバルとなりうる人のサイトを検索して、プロフィールのページを読んでみて下さい。

基本的に「良いことだけを書いている人がほとんど」である事実に気づくでしょう。

「私はこんなにもすごいです」とPRしている人が大半のなかで、あなたがこのような切り口でプロフィールを書いたとしたらどうでしょう?

「私は過去、こんな失敗をして悩んできました。その結果このような方法を見つけて成功することができました。だから私はあなたにその情報をシェアして、あなたの悩みを解決するお手伝いをさせていただきます!」

「私はこんなにすごいですよ」と自分の優秀さをPRする人より親近感がわきませんか?「この人なら信頼できる!」と安心できませんか?

大切なのは、いかにあなたのお客となりうる人に、あなたという存在を身近に感じてもらえるか?「人間味」を感じてもらえるか?プロフィールの存在意義はまさにそこにあります。

この点、あなたが学歴的にプラスになる部分がなくても問題ありません。「共感」を意識してプロフィールを書くことによって、マイナスをプラスに変えることも十分に可能なのです。つまり学歴がないことがプラスに働きます。

一方で逆に、あなたの経歴が人よりも優れていればいるほど。それが事実であったとしてもマイナスに働く可能性がある、ということは認識しておく価値があります。

そこで、あなたが素晴らしい実績と経歴をお持ちの場合。プロフィールで実績を「足し算」していくより、「引き算」を意識していくことをおすすめします。

長い目で見れば、実績を訴求して「失敗しないすごい人キャラ」で通すより、一定の「マイナス」を持っているキャラの方が商売がしやすいことを、ここでこっそりお伝えしておきます。

まとめ

最後にまとめです。プロフィールにはまず5つの情報を掲載。

その上で、そのプロフィールを読んだ人に、嫌味にならず「この人は気になるかも」と感じてもらうプロフィールを掲載することがポイントです。

個人の強みは1にも2にもあなた本人の人間力です。そのため、いかに適切なプロフィールを用意するか?それは、あなたがお客とつながるための、重要な情報になります。

そこで経歴に関しても、ともかく嫌味にならないこと。距離の遠い人にならないこと。何より「信頼できる人」と思ってもらえるプロフィールにすること。それが大切です。

この点、特にプロフィールは自慢と捉えられる可能性がある表現については、慎重に吟味することをおすすめします。

追記

当サイトでは「英語で稼ぎたい!自分のサイトを作って集客したい!」という方向け、「ウェブ集客デビューパック」というサービスを用意しています。

このサービスでは、ワードプレスの導入代行に加え、プロフィール作成のお手伝いがサービス内容に含まれています。

あなたが英語で稼ぐために適切なポジショニングを検討した上で適切なプロフィール作成していきます。詳しくはこちらをご覧ください。

「英語で稼ぐ!」を応援するサービス・料金一覧

タイトルとURLをコピーしました